今年は願いが叶う年になります。Part.2

今年は願いが叶う年になります。Part.2 
1月4日(土)5時35分、万人幸福の栞輪読後、おはよう倫理塾の会場から 17名が、3台の車で、多磨霊園にある丸山敏雄先生の御墓所に向けて出発しました。多磨霊園での墓参の後、今年は船橋馬込霊園に有る滝口長太郎さんのお墓参りに向かいました。私は、船橋市中央倫理法人会の会員でも有り、純粋倫理大好き人間なのです。靈氣と倫理で、日本創世が出来ると思っているのです。昨年、正支部に昇格した習志野市家庭倫理の会の方々と、行きたい行きたいと思っていた倫理法人会を設立された滝口長太郎さんのお墓参りに、初めて行けたのです。数年の願いが叶いました。令和2年の元旦から願いが叶う毎日です。更に、帰宅後、靈氣研究所相談役から、元旦に「自衛隊病院ではなく、中枢に入れる様になる。」と言っていただいて、「靈氣が自衛隊に入る様になる為に、私が中枢に入るのかしら?」と思ったのですが、靈氣普及の為の研究テーマが、私の願いの通り「靈氣のトラウマ解消効果の一考察」になる可能性が出て来たのです。昨日、エドガー・ケーシーの霊的理想が何より大切と言うメッセージを聞きました。死んだ時、神様の前に出て、2つの質問を受ける。1つは、どの様な霊的理想を持ったか?そして2つ目は、その霊的理想が実現する為に、あなたは何をしたか。」この2つの質問を神様があなたにするそうです。何度生まれ変わってでも成し遂げたいと思う事柄を通して、自分の最高の精神的状態、最高な霊的状態を目指す事。これが人としての生き方あなたは地球の為に何が出来ますか?との問いを、私は年末に聞きました。靈氣も精神性の高さが求めらますが、靈氣は、セルフヒーリング、他者ヒーリングを行えば行うだけヒーラーも浄化され精神的な成長に繋がります。靈氣を続けて行けば、自分の使命に導かれ、気づきと癒しが与えられ続けるので、自分が求める最高の精神的状態、最高の魂の状態にまで高められるのが靈氣と改めて靈氣に感謝しました。今日は、多磨霊園、馬込霊園で、純粋倫理を打ち立てて下さった丸山敏雄先生、倫理法人会を作って下さった滝口長太郎さんの墓参後、おはようの皆様と一緒の朝食です。

万人幸福の栞
一、今日は最良の一日、今は無二の好機
二、苦難は幸福の門
三、運命は自らまねき、境遇は自ら造る
四、人は鏡、万象はわが師
五、夫婦は一対の反射鏡
六、子は親の心を実演する名優である
七、肉体は精神の象徴、病気は生活の赤信号
八、明朗は健康の父、愛和は幸福の母
九、約束を違えれば、己の幸いを捨て他人の福を奪う
十、働きは最上の喜び
十一、物はこれを生かす人に集まる
十二、得るは捨つるにあり
十三、本を忘れず、末を乱さず
十四、希望は心の太陽である
十五、信ずれば成り、憂えれば崩れる
十六、己を尊び人に及ぼす
十七、人生は神の演劇、その主役は己自身である

靈氣 五戒
今日だけは
怒るな
心配すな
感謝して業を励め
人に親切に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。