大安で浦ツアーツアー

12月10日(金)大安で大明日

昨日、浦島太郎は、平家の末裔で実際に

存在していたと言う謎解き企画に参加致しました

子安駅から東神奈川駅まで浦島太郎謎解きウォーキング🐢

浦島太郎が、足を洗ったと言う井戸と池

乙姫さまと、浦島太郎のお墓🪦御伽噺には、

真理が隠されていると言う、

本照山の御住職のお話し浦島太郎伝説は、

神奈川では無く、

実は、お父様が丹波に出張に行っていた時のお話し。

ご両親は、100歳。

太郎さんには、奥様もいらしていたそうです。

山で山菜を取り海でお魚を獲り家族で暮していた時に太郎さんが、

釣った亀が🐢

大きな涙を流していたので心優しい太郎さんは、

亀を逃してあげた。

その恩に報い様として亀

竜魚人の化身乙姫さまが太郎さんを竜宮城に招待した。

その時に太郎さんのご両親、奥様は太郎さんが、

竜宮城に行くのを反対して、

法華経の経典を付けて太郎さんを、送り出した。

竜宮城で、接待を受ける中太郎さんが、

気が付いたら347時の歳月が過ぎていた。

玉手箱を開けた時は白髪の姿だった。

この事は

真言宗お釈迦さま仏教の教え示していて

親を養う孝養の精神恩に報いる

知恩報恩法華経の精神そして人は、

永遠と思い生きているけれでも若さも

美貌も衰える。

人は完全では無い。

現実を見て現実を生きる様にと言う事を解いている。

浦島太郎伝説は

仏教の教えなのですよと、お聴きしました。

そして、慶運寺浦島太郎が、

竜宮城から持ち帰ったと言う玉手箱と浦島観世音と共に、

浦島寺碑や、浦島父子塔が、

浦島太郎伝説を、今日まで伝えています。

乙姫さまは、観音さまだった。慶運寺の紋章は、

平家の蝶🦋浦島太郎は、平家の末裔!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。