ローチョコレートの効果

2月4日(木)バレンタインデーに、後、10日🎁
今日は、『秋田の吉岡あずみ乃さんのzoomによる
ローチョコレート作りの90分』を楽しく、感激しながら、
至福の時を過ぎしました。
ローチョコレート🍫
『ロー』とは、『生』と言う意味。
『チョコレート』は、『抗酸化作用があるカカオポリフエノールや、ビタミンやミネラルが豊富で、さまざまな栄養分が入っています。』
『ローチョコレート』
生のカカオ豆から作ったチョコレート
『カカオ』の学名は、あおぎり科、テオブロマ族、カカオ!
テオブロマとは、「神様の食べ物」と言う意味。
マヤ人、アステカ人は、カカオ豆をとても大切にしていて、カカオ豆をお金の代わりに使用していた様です。
『カカオ』の中でも、栄養価が高いのは、ローカカオ(純粋なカカオ)
『ローカカオ』
全く手を加えられていないもの、または低温で加工されたもののことを言います。
『ローチョコレートの効果』
最大の収穫‼️
何と、カカオは、松果体活性化に有効‼️
生カカオの酵素。
先ず、松果体活性化で得られる効果
①概日リズムと睡眠を整え自然とつながる。
②気持ちが整い仕事の効率が上がる。
③メラトニンにより皮膚を若く保ち生殖機能を整える。
④体温、血圧、活動バランスが整う。
⑤腫瘍成長を抑制し免疫力のバランスが整う。
⑥直感力が高まり最高の私を生きる。
✨カカオに含まれる成分
1️⃣フェニルエチルアミン
「恋愛ホルモン」とも言われる人の脳の中で働く物質。
気分を上向きにして、幸せな気持ちを感じさせる効果が有ります。
「恋に落ちた時に、大量に分泌されるホルモンです。」
恋に落ちた時の様に、ちょっとした事で、幸せを感じたり、
わけもなくハッピーな気分になり、気持ちが明るくなる作用があるようです☺️
最高✨✨✨
医療現場では、抗うつ楽としても使われているそうです。
フェニルエチルアミンは、加熱によって固まってしまったり、
破壊されてしまう成分なので、豊富に含まれているのは、
ローチョコレートだけだそうです✨✨✨
2️⃣トリプトフアン
人の体になくてはならない「必須アミノ酸」の一種です。
気分を落ち着かせてリラックスさせる効果があります。
精神の安定や安らかな睡眠に深く関わっている
「セロトニン」と言うホルモンを作り出します。
「セロトニン」がきちんと分泌されていれば、毎日ぐっすり眠れて、晴れやかで、スッキリした気分で居られると言う事になります。
3️⃣オメガ6脂肪酸
体になくてはならない栄養分ですが、加熱すると、トランス脂肪酸に変わってしまう可能性があります。
4️⃣ビタミンC
カカオ豆にたくさん含まれています。
✨ローチョコレートは、生カカオの本来の栄養素が生きており、食べれば食べるほど、体、心、魂の状態を整えて、あなた本来の生き方を応援してくれる様です🍫
手作りローチョコレート🫕
今日、はじめてのチャレンジ🫕
何と、30分で、出来上がります‼️
温度を大切にしながら、優しく湯煎して、カカオを
ゆっくり回して、冷やして、冷蔵庫に入れるだけ!
簡単!シンプル!4歳のお子さんでもママと作れます🤱
冷蔵庫に入れて、10分!
美味しいローチョコレートの出来上がり🫕
野菜室で、保存出来るそうですよ🎁
バレンタインデーには、手作りローチョコレート🫕
毎日5粒、私は今日から、ローチョコレートの生活がスタートしました☺️
ご一緒にローチョコレート作りたい方は、ご連絡くださいませ💖
みんなで楽しく作りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。