8月9日10時、長崎に原爆が投下された日。 246万6千柱の英霊の慰霊に、靖國神社昇殿参拝を受けさせていただきました。


8月9日、 長崎に原爆が投下された日。
10時、246万6千柱の英霊の慰霊に、靖國神社昇殿参拝を1人で受けさせていただきました。

「自国の神話を忘れた国は亡びる」
この言葉が離れないのは、特攻志願兵で北海道で終戦を迎えた父の思いを受け継いだのでしょうか。

昨日は、イスラエル巡礼の旅から帰国された奉仕団の方から、アウシュビッツに行かれて、女性は全裸でシャワー室に入れられ、殺虫剤で長時間苦しみ抜いた上、人間と丸太の交互に埋められて燃やされた写真を見てきたと聞きました。

人間の中には悪魔も住んでいると思われたそうです。

その後、イエスキリストが十字架に掛けられたゲッセマネの丘で、イエスキリストが、十字架に掛かったおかげで、全ての罪が許されたと言うメッセージを聞いて帰国されたそうです。

日本の弥栄、世界の平和に貢献出来る人間になりましょうと話されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。